遊の日記

暮らしに遊を学と趣味のブログ

不合格小論文!!


f:id:flocondeneige:20210418170828j:image
2021年3月2日に一般書留で送った志願書。

3月30日に不合格通知を頂きました。

 学歴もなく無知な私が、ひと月かかって書いた小論文の一部を公開致します。なぜ公開するか? 私自身、何の伝もなく、ブログやYou Tubeで経験された方の小論文を合否両者とも参考にしたところが御座います。誰が望む訳でも無いですが、自分だけやらないのはアンフェアに思うので、ここに記します。

 慶應義塾大学 通信教育課程、法学部甲類を選択した動機を720字以内で述べてます。

…………………………………………………………………………

【志望した学部類で何を学ぼうとしているのか、①過去の学習経験、②将来の展望、いずれにも触れながら、具体的に述べなさい。720字以内】

 

 私は、法学部甲類(法律学科)を志望している。そこでは、六法を徹底的に学びたいと考えている。その理由を、過去の学習経験、および将来の展望と合わせて、ここに論じる。

 幼少期は、ネグレクトに性的虐待、加えて貧しい環境に身を置いていたことから、全く違う境遇の人達も含め、よく洞察し理解しながら生活を共にしてきた。その時の感情が導いた考えが、「人は過ちを侵しても弁護の余地があり、反省から赦しを得ることが可能である」ことだ。弁護士という人物に憧れを抱いていた子供時代を経て、今も法律が身近なものである感覚は変わらない。

 社会人経験の中で、理不尽な事柄が山積みであると感じる。特に、法の知識を逆手に取り、法を掻い潜る犯罪は、許しがたい。

 時効から逆算し、所有権を奪う手口。容疑者や犯罪内容が特定しかねるSNSを利用したつけ回し等だ。被害者となる人の専門知識の無さ、境遇に目を付け、ゲーム感覚で行われている場合、彼等に弁護の余地と赦しは与えるに妥当か。

 そのようなことを考えるに当り、私自身が、罪を裁き罰を与える能力的知識を備えたいと強く願う。法曹という世界に興味を持つきっかけとなった。

 冒頭で述べた六法を徹底的に学びたいとは、徹底敵でもある。

 故意犯、意図的な犯罪を防御する対策を、法を通して追求すると共に、宗教的な確信犯を終息に導くには、法律が必要だと考える。

 それらの事柄は、私にとって日常である故、最低限の道徳である法を粗末にする者から、自身を守る為、法を重んじ、人としての成長と人生の充実を得ることを目的とする。そして法曹の道を知る。

 これを将来の展望とし、法学部甲類での学びを志望する。

…………………………………………………………………

 以上が710字程度です。前々回からのブログ含めて

志願書の小論文3つの課題を載ました。

 

 読み返して思うのは、無駄に句読点多くないか? 段落を変えるタイミングがよく分かってないな。¯_ಠ_ಠ_/¯

 述べる・論じる の違いって、改めてわからん。考える程わからんな。

 再度志願するなら10月ではなくて来春だな。これは確実。ฅ^•ﻌ•^ฅ

 今日もライティングの本を読んでるよ。いや、それと論文は書き方違いますから!!

 何故論文が書けないのか?って本を読もう↓☟〜遊の日記〜 学び編Linでした🤗

https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/1e98f413.811f8e7e.1e98f414.a651ab4f/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14329097%2F&link_type=hybrid_url&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJoeWJyaWRfdXJsIiwic2l6ZSI6IjEyOHgxMjgiLCJuYW0iOjEsIm5hbXAiOiJyaWdodCIsImNvbSI6MSwiY29tcCI6ImRvd24iLCJwcmljZSI6MCwiYm9yIjoxLCJjb2wiOjEsImJidG4iOjEsInByb2QiOjAsImFtcCI6ZmFsc2V9

不合格論評!!


f:id:flocondeneige:20210415133031j:image

 2021年3月30日に慶應義塾大学通信教育課程の不合格通知を頂きました。前回は学校を選んだ動機150字以内を公開しましたので、本日は論評720字以内を載せさせて頂きます。

お題が ‹自分の学びたい学問領域に関わる書籍を一冊選び概要を簡単にまとめた上で自身の視点から詳しく論評しなさい。›

Linは法学部法律学科志望ですので読み終えた上で憲法から抜粋しました。

 これが不合格論評だ!!(苦)ご覧下さい。

…………………………………………………………………

【著者名 豊泉裕隆】

【本のタイトル 合格革命 行政書士シリーズ】

【出版社 早稲田経営出版】

 

 本書は独学で行政書士試験合格を目指す方に向けた書物で、憲法行政法民法、商法、基礎法学、一般知識の6分野が、読みやすく十分な知識量を兼ね備えたテキストとなっている。

 例えば、法の下の平等について、憲法14条1項〜3項がある。それらについて、次のように、解説されている。

 法の下とは、法適用の平等と法内容の平等。平等とは、相対的平等。これだけでは、何を伝えられているのか理解しがたいが、図に表し、日常生活においての具体例で説明されている。私がそうであるように、初めて法律を勉強する者にも、大変わかりやすい。

 次いで、それに因んだ判例と用語の解説があり、最後に項の確認テストといった構成で出来ている。この一冊で完結する仕組みだ。

 その中の判例で尊属殺重罰規定違憲判決を取り上げる。普通殺人に比べ尊属殺に重罰を科すことが違憲かどうかだ。結論は違憲

 他人より血縁関係で行われた事実の方が非常に思う。何故かと一瞬戸惑った。法の下の平等を振り返ってみよう。14条1項に「社会的身分は差別されない」とある。確かにその通りである。他人も血縁も関係なく、一つの尊い命には変わりない。どちらが非常か等と個人の感情を出せば、社会的身分の差別である。この様に人は、最高法規を守り厳格で優秀な判決が下されるとは限らない。

 法律とは都合よく優しいものではない。法曹に従事するとは厳しく悲しいものだと、違憲判例を通して痛感した次第だ。よって、今後も私の人間性の成長と法学の進歩には欠かせない一冊であることから、行政書士を目指すものでなくとも、誰が読んでも有効であり試験に合格する為だけの内容ではない書物だと論評する。

……………………………………………………………………

 上記で690文字。段落を作る度、空いたマスが増えてしまうから、余計な書き足しや句読点が多くなる。

 反する意見も無く、評価する点も弱い。

ただの感想文の気がしてならない。と、自分で採点している今日です。論評とは批判する項目が必要なのだろうか? 素直に全部納得出来るのだから必ずではなくても良いのでは?と

書いてる時から思っていた。

 客観的に書いたつもりだったんだけどね。

まぁ、この内容が合否の決め手だったのかも判りかねますが、10月入学もしくは来春受けるにしても現段階では受かる気はしませんね。

 不合格論評いかがでしたでしょうか?

Lin自身、何度も読み直して勉強したいと思います。

次回は志望した学部の動機720字以内を公開します🤗

 〜遊の日記〜学び編 Linでした。

結果発表!!


f:id:flocondeneige:20210415122057j:image

2021年3月2日に一般書留で送った小論文。3月30日に不合格通知を頂きました。論文の内容か他手続きで落とされたのか不明ではありますが

その一部を公開させて頂きます。

こんなの書いたら不合格ですよ!って捉え方でも結構ですよ(笑)。

 今回は150字以内指定の志望動機です。

………………………………………………………………………………

【なぜ慶應義塾大学の通信教育課程を選んだのか述べなさい。】

 貴大学の、立場を問わず学びを求める者に対する肯定に背中を押されたことにある。そして民間主義と言われることの2点だ。平等思想の心の繋がりを持つ個々の存在が社会に属するだけで、学問のススメの思想が広く普及するのするのだと考える。その個々に成る可くして成ろうと慶応義塾大学の通信教育課程を選んだ。

………………………………………………………………………………

 句読点含め、142文字です。

言葉を増やして埋めることは出来ても、言いたい事は変わらないし、伝わるだろうと、これで提出しましたが、もう少し言い切って短く文を区切ったほうが良かったかな?と今は思います。

 不合格な志望動、いかがでしたか?

次回は720字以内指定の論評を公開致します。

 〜遊の日記〜学び編 Linでした。🤗

 

 ちなみに、万年筆で書きました。インクは黒又は青💙の指定あり。もしくはボールペンです。その時使用したのが、セーラー万年筆のプロムナードEFです。これを使ったら落ちるって訳ではないので、ご紹介しますね😁

ペン先が14金で、極細でもインクの出が良く

書きやすい万年筆です。

<a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/1baabacb.850d8b28.1baabacc.cb92d806/?pc=https%3A%2F%2Fproduct.rakuten.co.jp%2Fproduct%2F-%2F0a35061ae052e76470a9ba9c8b51efe6%2F&link_type=pict&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0Iiwic2l6ZSI6IjI0MHgyNDAiLCJuYW0iOjEsIm5hbXAiOiJyaWdodCIsImNvbSI6MSwiY29tcCI6ImRvd24iLCJwcmljZSI6MCwiYm9yIjoxLCJjb2wiOjEsImJidG4iOjEsInByb2QiOjEsImFtcCI6ZmFsc2V9" target="_blank" rel="nofollow sponsored noopener" style="word-wrap:break-word;" ><img src="https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/1fb2236e.4a6dff5f.1fb2236f.54874e90/?me_id=1296205&item_id=10082038&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fpennotatujin%2Fcabinet%2Fitem%2F3_sa%2Fsailor%2F4901680133018-1.jpg%3F_ex%3D240x240&s=240x240&t=pict" border="0" style="margin:2px" alt="" title=""></a>

<table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0"><tr><td><div style="border:1px solid #95a5a6;border-radius:.75rem;background-color:#FFFFFF;width:504px;margin:0px;padding:5px;text-align:center;overflow:hidden;"><table><tr><td style="width:240px"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/1baabacb.850d8b28.1baabacc.cb92d806/?pc=https%3A%2F%2Fproduct.rakuten.co.jp%2Fproduct%2F-%2Fb45e6e0ebe0b58835636491b5437a1e9%2F&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIyNDB4MjQwIiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjAsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxLCJwcm9kIjoxLCJhbXAiOmZhbHNlfQ%3D%3D" target="_blank" rel="nofollow sponsored noopener" style="word-wrap:break-word;" ><img src="https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/1e98f413.811f8e7e.1e98f414.a651ab4f/?me_id=1213310&item_id=11109691&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F7664%2F76640881.jpg%3F_ex%3D240x240&s=240x240&t=picttext" border="0" style="margin:2px" alt="" title=""></a></td><td style="vertical-align:top;width:248px;"><p style="font-size:12px;line-height:1.4em;text-align:left;margin:0px;padding:2px 6px;word-wrap:break-word"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/1baabacb.850d8b28.1baabacc.cb92d806/?pc=https%3A%2F%2Fproduct.rakuten.co.jp%2Fproduct%2F-%2Fb45e6e0ebe0b58835636491b5437a1e9%2F&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIyNDB4MjQwIiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjAsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxLCJwcm9kIjoxLCJhbXAiOmZhbHNlfQ%3D%3D" target="_blank" rel="nofollow sponsored noopener" style="word-wrap:break-word;" >福澤諭吉著作集(第5巻) 学問之独立/慶應義塾之記 [ 福沢諭吉 ]</a></p><div style="margin:10px;"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/1baabacb.850d8b28.1baabacc.cb92d806/?pc=https%3A%2F%2Fproduct.rakuten.co.jp%2Fproduct%2F-%2Fb45e6e0ebe0b58835636491b5437a1e9%2F&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIyNDB4MjQwIiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjAsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxLCJwcm9kIjoxLCJhbXAiOmZhbHNlfQ%3D%3D" target="_blank" rel="nofollow sponsored noopener" style="word-wrap:break-word;" ><img src="https://static.affiliate.rakuten.co.jp/makelink/rl.svg" style="float:left;max-height:27px;width:auto;margin-top:0"></a><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/1baabacb.850d8b28.1baabacc.cb92d806/?pc=https%3A%2F%2Fproduct.rakuten.co.jp%2Fproduct%2F-%2Fb45e6e0ebe0b58835636491b5437a1e9%2F%3Fscid%3Daf_pc_bbtn&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIyNDB4MjQwIiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjAsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxLCJwcm9kIjoxLCJhbXAiOmZhbHNlfQ==" target="_blank" rel="nofollow sponsored noopener" style="word-wrap:break-word;" ><div style="float:right;width:41%;height:27px;background-color:#bf0000;color:#fff!important;font-size:12px;font-weight:500;line-height:27px;margin-left:1px;padding: 0 12px;border-radius:16px;cursor:pointer;text-align:center;">楽天で購入</div></a></div></td></tr></table></div><br><p style="color:#000000;font-size:12px;line-height:1.4em;margin:5px;word-wrap:break-word"></p></td></tr></table>

慶應義塾通信教育課程

f:id:flocondeneige:20210302001327j:plain

 あゝ一段落ついた。(θ‿θ) 2月は小論文に捧げた ひと月でした

 2021年4月入学を目指して願書を作成。合否結果は3月末くらいでしょうかね?不合格だったら秋に受け直そうって考えてます。

 願書締め切りが3月10日だから、まだ小論文の内容は明かさないとしますね。

 作成期間1ヶ月の感想を述べたいと思います。

 先ず、美容専門学校を卒業してますが、大学受験の為の学歴には入らないので高卒とします。  そして大学受験は今回初めて。 学業は何十年のブランクでしょうか(苦) 今年45歳になる予定です。

 日頃、未読書で文章を書く仕事にも就いてません。  ブログを始めたのも3ヶ月前。

そんなスキル(どんなスキル?笑)からの、法学部甲類を志願。

 パンフレットが届いた直後はただ嬉しくて、どんな些細な事にも感動してましたね。(思春期に箸が転がっても笑うアレね。)

志願書に目を通した時から焦り始めました。だって、感想文と論文の違いも知らなかったんです!

書き方も知らなければ、論評は何を選べば良いかも判らなかった。

 孤高の人生(笑)☚友人が一人も居ないから、受験生、在学生、卒業生のYou Tubeとブログを何度も繰り返し検索し閲覧中毒にかかってましたね。(;)

 図書館でも、思いつく書籍があれば直ちにリクエスト、届けば速読、速返却! でもいくら読んでも私自身が閃く物が無かった。

 ググって閲覧の成果は有るのですよ。小論文の型。論評の型。そのお手本となる、合格者の実際の願書内容も幾つも公開されてますから。    ただ、私は持ち前の感性が活かせる様にしか書けないな? と2月末を目前にプツン と、これ迄の緊張が解け、黙々と好きな様にコレと思う書物で書き殴りましたね。

 それが原因で不合格となった場合は、大人しく型通りの論評を秋の願書で提出するまでのこと。  吹っ切れてる人ってこんな挑戦の仕方が出来るって部分を愉しんでますねー。(自身のことだけど👍)

 言い訳をするならば、下書きに意欲を載せすぎて本番の集中が途切れて多少乱筆なとこです。おまけに2箇所漢字間違えて修正した😱

私の昔からのアルアルなんですよ。多分メインの結果より、達成感得られた時点で気持が満たされて完結してしまっているのですよ。

 おバカで無いなら何なのかしら?

 纏めとして、ブログ等のお手本は、年齢や環境の近い方のが大変参考に成りました。  3週間は調べて悩んでいただけの時間でしたので、時間の無い時は、型通りすればササッと仕上るものですね。  誰のも参考にしない!自分勝手にやる!って決まってる人もササッと仕上りますね。🤗

 私は調べて悩んで良かったと思えたひと月でした。  なんせ脳トレになる! 読書が好きになってる! 文章が以前より書ける様になってる!(気がする🐘)

 気持ちにユトリがあると、たったひと月でも大きな収穫を感じます。

 あーバイト生活に切り替えて良かった😄この調子で趣味に生きるぞ!